MacBook Pro 13.3インチ (Early 2015) 液晶コーティング剥げの件でAppleに問い合わせてみた結果・・・。

MacBook Pro (Early 2015)

MacBook Pro 13.3インチ (Early 2015) 液晶コーティング剥げの件でAppleに問い合わせてみた結果・・・。 | ゴウログ昨日に引き続きで液晶コーティング剥げのあるMacBook Pro 13.3インチ(Early 2015)の話です。

ひとまずご存じない方のために、液晶コーティング剥げというのがどんなものなのかを実際に撮影してみたのと、Appleのサポートに問い合わせてみた話を合わせて書いてみようと思います。

液晶コーティング剥げってどんな感じなの?

こちらはフロントカメラ周りです。ちょうどカメラの上辺りにコーティング剥げが確認できます。
MacBook Pro 液晶コーティング剥げ

お次は液晶で目立つコーティング剥げがこちら。
MacBook Pro 液晶コーティング剥げ

という感じで、カメラ周りのコーティング剥げはそこまで気にならないのですが、液晶で目立つ方は電源OFF時・スリープ時はこのように見てわかるくらいです。

もっとも液晶の目立つ剥げは白っぽいものが表示されている間はさほど目立たなくなるのが、不幸中の幸いと言うべきか。

Appleのサポートに問い合わせをしてみた結果・・・。

とりあえずApple IDでログインすると各端末の情報が登録されるので、Appleサポートのアプリを利用して問い合わせることにしまして、チャットよりも電話かなと思い、電話サポートの予約をして連絡を待つことに。

まず最も重要なコーティング剥げの無償修理対象になるかどうかかに関しては、「購入から4年以内であること」が条件になっていて、今回購入したMacBook Proは調べた結果どうやら2016年3月頃に購入されたものだったことが発覚。

ギリギリ「購入から4年以内」であることが確認されて無償修理対象になりました!

いやぁ、ダメ元でも問い合わせてみるものです。

ちなみにAppleCareに入っているかどうかや、本体は新品で買ったのか中古で買ったかどうかは聞かれませんでした。

その他の質問は

・本体を落としたことがないか?
・本体に傷はないか?
・水をかけてしまったことはないか?
・現在のOSのバージョンは?
・FlieVaultで暗号化をかけているか?
・修理過程でデータが消去される可能性があるが、問題ないか?
・動作確認用の管理者権限のあるユーザーを集荷までに作れるか?

などなど確認されまして、本体集荷の手続きへと進みました。

しかし、預かった本体を確認して対象ではなかったりすると、修理なしで返却される可能性があることや、もし液晶コーティング剥げ以外に不具合箇所が見つかった場合は、ついでに修理をするかどうか、修理をする場合は概算見積もりの連絡をするかもしれないとも言われました。

そして本体は集荷されていった次第です。

おそらく1週間位で戻ってくると思いますが、無事にコーティング剥げがなくなっていることを祈りたいです。

きれいになって帰ってきたら、最低でも2年位は使う予定です。

余談ですが保証期間終了状態の本体の内蔵バッテリーを交換する場合、いくらくらいかかるものか聞いてみたら2万円+税くらいで対応してくれるとのことでした。しかしパーツの保持期限(発売から6年間くらいと言ってたかな)を超えると交換パーツがなくなって対応不可になるんだそうです。




アベノマスクよりも高性能!?水着素材で繰り返し使えるマスク売ってます。



楽天カード

楽天証券



【初心者歓迎】月利15%~のFX自動売買「インビジブルトレーダー」とは?

【月間勝率74.19%】<月利15%~最大46%越え> の最強自動売買ツール「Automatic Revive」

【無料メール講座】月収800万の美人Youtuberがアナタだけに「ヒミツの動画」教えます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました