【自作PC】MicroATX対応ケースを選んでみる。

自作PCを作りたい!

【自作PC】MicroATX対応ケースを選んでみる。 | ゴウログ新しく1台自作PCを作ろうと思ってるので、いろいろとパーツ選定でこのところ通販サイトをみる時間が増えていますww

DQ10で遊んでる時間より長いかもしれませんww

まずは何と言っても見た目からということで、ケース選びです。

ケースもピンキリで価格も上を見れば切りがないし、大きくしようと思えば大きいものを選べば良いですが、そこまで大きなものを置くスペースがないので、今回はMicroATX規格のマザーボードが収まるケースにしようと思っています。

ATX規格のケースでもMicroATXのマザーボードは収められますが、ある程度省スペースであって欲しいと考えているので、MicroATXサイズのミニタワーケースから選びます。

ちょうどPRIMERGY TX1310 M3の大きさが結構いい感じなので、サイズ感を確かめる上で1つ基準になっています。

ということで候補としてはこの3つ!

Thermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00

まずはThermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00です。

注目は何と言っても価格で、3,000円以下なのに意外と作りが良いのが評判になってるようでして、ノーブランドの何だかよくわからない激安ケースとは違い、このVersa H17は価格.comの2018年プロダクトアワードのPCパーツ部門で金賞を取っていることからも、お値段以上に満足度も高いということなのでしょう。

私が昔自作PCを作った時はケース裏から配線を出していく、いわゆる裏配線なんて流行りもしてませんでしたが、このケースは裏配線がしやすく作られているようで、ケース内がスッキリするようです。

ケースもMicro ATXにしては少し大きめらしく、内部はゆとりもあるようで少し長めのグラフィックカードも使えそうです。

ただ、前面パネルはメッシュ状ではなく、ファンも後ろについている1個だけなので少し熱がこもりやすそうななので、ハイエンドなグラフィックカードやCPUを使うならファン増設前提だと思いますが、そこまでハイスペックな構成でなければ様子を見てファンを追加するくらいで良いのかもしれません。天板に1個、前面には12cmファンなら3個、14cmファンなら2個追加が出来る仕様になっています。

また、防塵フィルターも天板と底面にあるので、PC内部にホコリが溜まることもあまりなさそうなのも嬉しい点。

人によっては要注意なのが、5インチベイが1つもないので光学ドライブを内蔵できないこと。今時はWindowsもUSBメモリでインストールできるし動画もストリーミング全盛ですから、光学ドライブの出番は少ないのでデメリットにはなりにくいかも?

Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00

お次は同じThermaltakeのVersa H18です。

上のVersa H17との違いは

・スイッチ類の配置(Versa H17は上部に配置されているが、Versa H18は前面に配置)
・側面パネルがアクリルでケース内が見えるようになっている(LED入れて光らせたい人向けかな?)
・Versa H18は前面がメッシュ状で空気が流れがVersa H17に比べると良さそう

くらいかなと思います。

Versa H17とVersa H18はサイズも重量も同じです。どっちが上位というよりは、仕立ての違いのようです。

今時はファンにもマザーボードにもメモリにもLEDが仕込まれていて、ケース内をド派手にするのが流行ってるようなのでそういう用途には向きます(個人的には不要かなと思いますが)。光り物大好きならH18、別にイラネって感じならH17という選び方もありかもww

Versa H18は実物を見てきて、確かに値段の割には作りがいいケースだと思いました。前面がメッシュ状なのも熱がこもりにくそうで、ファン増設なしでも行けそう。

ANTEC P5

店頭で見てちょっと気になったのが、ANTEC P5です。

静音性重視ということで、前面パネルはドア開閉式、側面パネルにも遮音材が入っていてなかなか良さそう。今回の候補3つの中では一番高いけど満足度も高そう。

地味に5インチベイもあるので、後々ブルーレイのドライブ入れたりするのもいいかも!

サイズ比較

この3種類のケースのサイズを比べてみます。

 本体サイズ(W×D×H)重量
Versa H17205x390x380mm4.5kg
Versa H18205x390x380mm4.5kg
Antec P5195×475×395mm約6.5kg
TX1310 M3180×313×374mm最大12kg

参考までにPRIMERGY TX1310 M3のサイズも一緒に載せていますが、どれもTX1310 M3のケースよりは少し大きい感じですが、全然許容範囲内です。

で、どれにするの?

どれも良いのですが、今のところ諸々考えると、Versa H18が一番良さそうかなーという風になっています!

今後購入するパーツはLED内蔵の可能性があるので、派手派手な感じになったら、どうするか考えます・・・。




アベノマスクよりも高性能!?水着素材で繰り返し使えるマスク売ってます。



楽天カード

楽天証券



【初心者歓迎】月利15%~のFX自動売買「インビジブルトレーダー」とは?

【月間勝率74.19%】<月利15%~最大46%越え> の最強自動売買ツール「Automatic Revive」

【無料メール講座】月収800万の美人Youtuberがアナタだけに「ヒミツの動画」教えます!
タイトルとURLをコピーしました