【自作PC】Ryzen 5 2600でベンチマークテスト!PCMark 10を実行してみた。

自作PCを作りたい!

【自作PC】Ryzen 5 2600でベンチマークテスト!PCMark 10を実行してみた。 | ゴウログ先日完成したRyzen 5 2600を使った自作PCですが、ひとまずノートラブルで稼働中です。

負荷をかけるとそれなりにファンが爆音になりますが、そこまで負荷が高くない状態だと意外と静かです。

さて、せっかくだからベンチマークテストでだいたいの性能を把握しておきたいので、実行してみました。

ただし我が家の場合比較対象がPRIMERGY TX1310 M3(Pentium G4560 3.5GHz)+GeForce GTX1050 Tiしかないため、そんなに参考にならないかもしれませんww

PCMark 10

まずは定番ベンチマークテストのPCMark 10です。

実行結果の比較は以下の通りです。
PCMark 10

 EssentialsProductivityDigital Content CreationTotal
Pentium G45605765529837513481
Ryzen 5 26007050604370254796

見るまでもなく、すべての項目でRyzen 5 2600がTX1310 M3(Pentium G4560)を上回っているのですが、2コア4スレッドのPentium G4560と6コア12スレッドのRyzen 5 2600とコア数・スレッド数3倍の割にそこまで差がついていない結果は意外でした!

Digital Content Creationの数値だけマルチコアなりの差がついてるように見えますが・・・。

あれれれー!

これ純粋にCPUのクロック数の比較だと、Pentium G4560はブーストクロックなしの定格3.5GHzに対して、Ryzen 5 2600は定格3.4GHz、ブーストクロックで一応3.9GHzまで上がることになってますが、PCMark 10においてはマルチコアをフル活用するケースや、ブーストクロック上限まで行くようなケースがさほどなかったため、その辺がトータルで大きく差がつかなかった原因なのかも・・・。

結果から思うこと

PCMarkの場合、グラフィック性能命ではなくテスト内容はブラウジングや複数人とのビデオ会議、スプレッドシートを開いたり、グラフィックソフト(GIMP)を起動したりと、割と普段使う感じのものを比較するので、コア数・スレッド数3倍と言ってもそんなにめちゃくちゃな差がつくものではないということですね。

逆にPentium G4560ってそこまで負荷をかけない作業中心なら、全然問題ないCPUってこともわかりますね。

最近のIntel CPUだとCore i3-9100Fとか1万円以下なのにブーストクロック付きの4コア4スレッドなので、これすごいコスパですよね!!

なんでPentium G4560こんなに高いんだ・・・(汗)。販売終了してるからか!?




アベノマスクよりも高性能!?水着素材で繰り返し使えるマスク売ってます。



楽天カード

楽天証券



【初心者歓迎】月利15%~のFX自動売買「インビジブルトレーダー」とは?

【月間勝率74.19%】<月利15%~最大46%越え> の最強自動売買ツール「Automatic Revive」

【無料メール講座】月収800万の美人Youtuberがアナタだけに「ヒミツの動画」教えます!
タイトルとURLをコピーしました